1. TOP
  2. 基本編
  3. 作品選別と宣伝方法
  4. タイプ別宣伝方法

タイプ別宣伝方法

はじめに

ここでは主に、アフィリエイト収益の基となるアフィリエイトリンクの貼り方から広告素材別の使用方法について解説しています。宣伝方法は単にバナー広告を貼るだけではなく、動画や画像をうまく使った方法などやり方次第で収益に結び付きます。
慣れている方であれば特に問題ないと思いますが、とても単純な作業ですのでアフィリエイト初心者の方は是非、これらの宣伝方法を使い倒し、しっかりと取り組んでいきましょう。
なお、広告素材の貼り方や掲載箇所についてはこちらよりご確認ください。広告掲載個所について

作品画像を掲載する方法

まずはアダルトアフィリエイトのオーソドックスな宣伝方法として、記事タイトルの下に作品画像を配置した形の宣伝方法を説明します。

1.作品画像を取得する

①宣伝する動画サイトへアクセスします。
サイト内にある配信作品の中から宣伝したい作品の詳細ページに移動します。

※以下は女優系の動画サイト(トリプルエックス)を選んでやってます。
1

②作品詳細ページのURL内にある、羅列した番号のみをコピーしてメモ帳などに貼り付けておきます。
3

③次に、以下URLの赤枠「*****」部分に、先ほどコピーした番号へ差し替えます。

<例>

http://xxx-av.sbs-ad.com/image/*****/movie_main_safe.jpg

▼変更後、こんな感じになります。

http://xxx-av.sbs-ad.com/image/22100/movie_main_safe.jpg

④差し替えが完了したら、URLをすべてコピーし、以下URLが表示されている窓に貼り付けてアクセスします。

▼こんな感じに貼り付けます。
4

⑤アクセスし、以下のように表示された画像上で右クリック→「名前を付けて画像を保存」でデスクトップ上に保存します。
6

2.作品画像をアップロードする

①先ほど保存した画像をFC2ブログに貼り付ける作業に入ります。
FC2ブログ管理画面の左メニューの「ホーム」にある「新しく記事を書く」をクリックします。
7

②以下のような画面が表示されますので、「本文の編集」内にある赤枠部分の「山マーク」をクリックします。
8

③「山マーク」をクリックしたら以下のようなページがポップアップで開き表示されますので、空白エリアにデスクトップ上にある画像をそのままドラッグします。
9

④ドラッグした画像が入ったら下の方にある「アップロード」ボタンをクリックして画像をアップロードします。
10

⑤アップロードが完了したら、下の方に表示された画像ファイルの「この画像で記事を書く」をクリックします。
11

⑥アップロードした画像が投稿画面に反映されましたが、このままでは無駄なリンクが邪魔になるので以下赤枠部分をすべて削除します。
12

ここまでで作品画像の掲載方法は以上となりますが、次はこの画像にアフィリエイトリンクタグを貼る作業に移ります。
FC2ブログの記事投稿画面は閉じずに、ブラウザの別タブでSBSに移動します。

アフィリエイトリンクタグの設置方法

1.アフィリエイトリンクタグを取得する

まず、SBSにログインします。
13

①ログインしたら、左メニューにある「リンクタグ生成」をクリックし画面は閉じずに、そのまま放置して宣伝したい動画サイトに移ります。
14

②ブラウザの別タブで、宣伝したい動画サイトの作品詳細ページにアクセスし、表示されているURLをコピーします。
15

③再度、SBSに戻り以下のように表示されている「リンクタグ生成」ページにて宣伝する動画サイトを選択します。
16

④あとは最初にコピーしていたURLを貼り付け「取得」ボタンをクリックするとアフィリエイトリンクタグが生成されるので、それをコピーしてメモ帳などに貼りつけておきます。
17

2.アフィリエイトリンクタグを画像に貼り付ける

①次に、先ほど開いたままのFC2ブログ投稿画面に戻り、キーボードのCtrl+Aですべて選択します。
18

②すべて選択した状態で赤枠部分の「URL」アイコンをクリックすると、以下のような画面が表示されます。
アドレスという部分に先ほどメモ帳に貼り付けていたアフィリエイトリンクタグを貼り付けます。
19

③リンクタグの貼り付けが完了したら、以下のようなコードが羅列した画面になります。
これで、作品画像にアフィリエイトリンクを貼り付ける作業は完了です。
20

あとはこの画像の下に記事の紹介文を書いていくだけです。記事を書く際のポイント

サンプル動画を使って宣伝する方法

集客するのに効果的な方法として、作品動画のサンプル動画を紹介記事に載せることです。
画像だけでも十分集客は可能ですが、訪問者の購買意欲を高めるためにサンプル動画等の動画を使ったアフィリエイトが主流になってきています。
動画を載せる方法はいたってシンプルですので、是非、これらのサンプル動画を有効活用していきましょう。

ポイント

無料動画だけは絶対NG!
アダルトアフィリエイトを初める際に、多くの人が手を出してしまいがちなのが、どっかのサイトで違法にアップされている動画を転載した「無料動画紹介」型のアダルトアフィリエイトです。
ですが、これは著作権を無視した違法行為です。絶対に使わないようにしてください。
無料動画がアップされているからと言って安易に載せることで違法行為に片棒を担ぐ事になり、万が一収益が発生しても権利を持つ動画サイト及びASPから警告を受け収益は無効になるばかりか、ASP自体を利用できなくなります。

提供されているサンプル動画を使おう!

有料アダルト動画サイトでは、殆どのサイトが宣伝素材としてサンプル動画の提供を行っています。
あくまでも、動画の使い方は提供されているサンプル動画で「本編が見たい!」と思わせることが重要で、そこから初めて成約が発生しやすくなるのです。
つまりはちゃんと動画サイトが正規で提供している広告素材のサンプル動画を使って宣伝しましょう、ということです。

また、「無料動画紹介」型は無料動画を見れるという事もあってアクセスは集めやすい傾向にあります。しかし、はっきり言って全然稼げません。

ユーザー目線で考えるとわかると思いますが、無料動画を探しまわっているユーザーは無料動画を探す事しか考えてません。
そこに有料動画紹介や別の広告があっても見向きもされずサイトを閉じて去って行きます。つまり無駄なアクセスにしかならないのです。わからない人はこちらを再度ご確認ください。ターゲットを明確にする

アダルトアフィリエイトで稼ぎたいなら違反することなく真っ当な方法で、信頼あるサイト運営をしていくことが鉄則ということです。

1.サンプル動画用タグを設置する

①SBSにログイン後、左メニューにある「サンプル動画広告」をクリックします。
21

②「サンプル動画広告」ページが表示されたら、以下のソースをコピーします。
コピーできたら「サンプル動画広告」の画面は閉じずに、そのまま放置してFC2ブログ側の設定に移ります。


<script src="http://tl.sbs-ad.com/js/sbs-tools.js"></script>

22

③FC2ブログ管理画面の左メニューの「設定」にある「テンプレートの設定」をクリックします。
23

④現在適用中のテンプレートの「HTML・CSS」の「編集」をクリック。
24

⑤適応中のテンプレートの「HTML編集」内にあるHTMLのコードの中にあるのすぐ上に、さきほどコピーしたタグを貼り付けます。
貼り付けたら下にある「更新」ボタンをクリックして設置完了です。
25

2.サンプル動画用アフィリエイトリンクタグを取得する

①次に、先ほど開いたままのSBS「サンプル動画広告」ページに戻り、以下のように宣伝する動画サイトを選択し「検索」ボタンをクリックします。
26

②選択した動画サイトのサンプル動画が表示されたら、何れかの動画を選び「タグ生成」ボタンをクリックするとサンプル動画用のアフィリエイトリンクタグが生成されるので、それをコピーしてメモ帳などに貼りつけておきます。
27

3.サンプル動画用アフィリエイトリンクタグを記事に貼り付ける

①先ほどコピーしたリンクタグをFC2ブログに貼り付ける作業に入ります。
FC2ブログ管理画面の左メニューの「ホーム」にある「新しく記事を書く」をクリックします。
28

②以下のようなページが表示されたら、「本文の編集」内にさきほどコピーしたサンプル動画用アフィリエイトリンクタグを貼り付けます。
29

③リンクタグの貼り付けが完了したら、「プレビュー」ボタンをクリックすると以下のような表示画面が確認できます。
これで、サンプル動画を使った宣伝ができるようになりました。
あとはこの動画の下に記事の紹介文を書いていくだけです。記事を書く際のポイント

▼こんな感じになります。
30

簡単便利なリンクタグ生成ツール

作品宣伝用リンクタグ生成ツール

上記で説明した宣伝ツール以外に、SBSでは現在、新しい広告宣伝ツールを提供されています。
画像のリンクタグ生成が面倒!って方はこちらの宣伝ツールをご活用ください。

テキストリンク・バナーボタンを作る方法

ここでは、アフィリエイトリンクとしてのテキストリンクやバナーボタンの活用方法について解説していきます。

初心者はテキストリンクがオススメ

テキストリンクのメリットとしては、記事文中に自然に貼ることができることと、売り込み感が出にくいことです。
バナー広告などに頼るとどうしても目立ちすぎて、クリックされにくい印象ですが、比べてテキストリンクの場合であればごく自然な形で記事に馴染むことができます。

これにより、アフィリエイトリンクは下手に目立たず、文中にさりげなくテキスト広告を入れるのがオススメです。
先入観で画像/バナーの方が目立つのでクリックされやすいと思う方も多いのですが、ケースによってはそれと同じかそれ以上に本文中のテキストリンクもよくクリックされます。

唯一デメリットとしては、バナーや画像と比べて視認性が低いため、パっと見た感じの印象が薄いことです。
ですが、僕の場合、本文中の画像リンクをテキストリンクに変えたら、逆にクリック率が上がったページもあります。
最初の内はまだわからないことだらけなので、とりあえずはテキストリンクを使い、本文に馴染ませてみるのが無難です。

また、テキストの書き方にも多少工夫が必要で一般的なのが「~はこちらから」という文章などがわかりやすい形です。
アフィリエイトは商品を購入させることが目的ですが「購入はこちらから」というあからさまな文言で書くよりも、まずは作品を見てもらうという概念で「作品詳細ページはこちら」などアンカーテキストの内容を変更した方が前者と比べてクリック率は高くなると思います。

テキストリンクを作成する

▼こんな感じのテキストリンク
31

リンク色と文字サイズについて

リンクの色や文字の色は簡単に色を変える事ができます。
それぞれ指定要素を変えるだけですので、以下の説明を見て、お好みのサイズや色に変えてみてください。

主に以下の4つの要素で指定してあげることでカスタマイズできます。

  • { font-size: 文字の大きさ } テキストリンクの文字の大きさを数値+pxで指定します。
  • visited { color: 色の値 } テキストリンクの色を指定します。
  • hover { color: 色の値 } カーソルを乗せた時のテキストリンクの色を指定します。
  • active { color: 色の値 } クリックした瞬間のリンクの色を指定します。

上記の色の値はカラーコードを参考に、好みの色を選んで変えてみてください。

全体のリンクの色指定は「a:」で決められています。

.linktext { margin:5px 0; font-size:23px; text-align:center; }
.linktext a { text-decoration:none; }
.linktext a:visited { color:#ef5f92; }
.linktext a:hover { color:#3cb5f2; text-decoration:underline; }
.linktext a:active { color: #f2da3c; }

「.linktext」は僕が適当に付けた名前ですので、任意の名前(半角英字)で「.任意の名前 a:」となるようにしてください。

.linktext { margin:5px 0; font-size:23px; text-align:center; }
.linktext a { text-decoration:none; }
.linktext a:visited { color:#ef5f92; }
.linktext a:hover { color:#3cb5f2; text-decoration:underline; }
.linktext a:active { color: #f2da3c; }

▼試しにこんな感じで作成してみました。

上記イメージは以下のソースで作りました。好みの色や文字サイズにしたらコピーしてメモ帳に貼っておきます。

/* リンクcss */
.linktext { margin:5px 0; font-size:23px; text-align:center; }
.linktext a { text-decoration:none; }
.linktext a:visited { color:#ef5f92; }
.linktext a:hover { color:#3cb5f2; text-decoration:underline; }
.linktext a:active { color: #f2da3c; }

1.テキストリンクの設定をする

①FC2ブログ管理画面の左メニューの「設定」にある「テンプレートの設定」をクリックします。
32

②現在適用中のテンプレートの「HTML・CSS」の「編集」をクリック。
33

③コピーしたソースをスタイルシート編集に貼り付けます。設置する場所は一番下に貼り付けます。
貼り付けたら下にある「更新」ボタンをクリックして設置完了です。
34

2.テキストリンクに入れるリンク先URLの入れ方

ウェブページ上でリンクを貼る場合に使用するタグが
<a>
タグになります。
このタグには開始タグ⇒
<a>

開始タグの後に「href=""」属性でリンク先のURL(SBSの「リンクタグ生成」で生成したアフィリエイトリンクタグ)を挿入します。
リンク先URLの後に、表示させたいテキストを入力
最後に、終了タグ⇒
</a>
を入れます。

▼こんな感じになります。

<a href="http://ここにリンク先URL">公式サイトはこちら</a>

※<aとhref=""の間に半角スペースを空ける必要があります。

別ウィンドウでリンク先を開く方法

リンクをクリックする事で開かれるページの表示方法を別ウィンドウに指定する事も出来ます。

別ウィンドウをクリックすると今見ているこのページを残したまま、別の画面(ウィンドウやタブ)でリンク先ページ立ち 上がり表示されます。

別窓(別ウィンドウ)にてリンク先ページを表示させたい場合はaタグに「target=”_blank”」と言う属性値を指定します。
※赤枠部分にアフィリエイトリンクやお好みのリンク(URL)を、緑枠部分が別窓で開くタグとなります。

<a href="http://ここにリンク先URL" target="_blank">公式サイトはこちら</a>

上記のように、指定のリンク先の後ろに「 target="_blank"」を付け足すことで別窓での表示にする事ができます。なお、target=”_blank”の前には半角スペースを入れる必要があります。

3.テキストリンクを記事に表示させる

上記のリンク先URLを入れたテキストリンクが以下の形となります。このような形であとは記事内に張り付けるだけです。

<p class="linktext"><a href="http://ここにリンク先URL" target="_blank"><公式サイトはこちら></a></p>

▼こんな感じで「本文の編集」内に貼り付けたら完了です。
35

バナーボタンを作成する

バナーボタンとは以下のようなリンク付きのボタンを表示させたいときに使いますが、このバナーボタン自体はASPからは提供されていません。
36

バナーボタンは自分で作るのが基本

自分のサイトにマッチしているバナーボタンを作成するには、多少なりともデザイン能力が必要でした。
ですが、最近では初心者の方向けに、ボタンジェネレーターなどのWEB上で簡単にボタンを作成できるサイトもあります。

また、バナーボタンは良くも悪くもバナーとテキストの中間あたりくらいの効果って感じな気がしますが、テキストリンクよりも視認性があり、バナーほど目立ちすぎないという点から、殆どのサイトがバナーボタンを使っって誘導している印象です。

ただ、初心者の方で自作ボタンのデザインが悪すぎてクリック率が悪いというケースも希にあるそうなので、ここは使えるサイトを是非、有効活用してみましょう。

といってもどれが使いやいかは個人差があると思いますので、数あるボタンジェネレーターサイトの中から、僕がお勧めなサイトを一つご紹介したいと思います。大変便利なので、こちらを利用されても良いかと思います。

無料で使えて便利な「CSS Button Generator」

37

CSS Button Generatorの使い方

英語表記なので分かりにくいかもしれませんが、ツールの各設定を適当に弄ればプレビューが表示されますので、どういったコマンドかが大体わかるようになりますが、一応下記に各項目を説明しておきます。

  • Gradient:グラデーションの位置を指定できます。

Size項目ではボタンのサイズの指定をします。

  • Font-Size:文字サイズの大きさ
  • Boder-Radius:角の丸みを調節
  • Boder-Size:枠線の太さを調節
  • Height:ボタンの高さを調節
  • Width: ボタンの幅を調節

Shadow (text)項目では文字のシャドウ効果を指定できます。
(Useボタンでエフェクトを使用するか否か選択可能)

  • Top:縦位置の指定
  • Left:横位置の指定
  • Blur-Radius:ぼかし半径を調整

Shadow (button)項目ではボタンのシャドウ効果を指定できます。
(Useボタンでエフェクトを使用するか否か選択可能)

  • Top:縦位置の指定
  • Left:横位置の指定
  • Blur-Radius:ぼかし半径を調整
  • Spread-Radius:拡散半径を調節

Text項目には作成ボタンに表示させたいテキストを入力します。

  • 一番左の入力枠に任意で好きなテキストを入力
  • 真ん中の入力枠にclass名を入力(特に指定がない場合は変更不要)
  • 右の入力枠に使いたいフォントを選択(特に指定がない場合は変更不要)

1.作成したボタンのコードを取得する

お好みのボタンを作成できたら、今度は実際に自分のサイトへボタンを表示させるために設置したいと思います。

①上記でボタン調整をしたら、下の方にある「Code Result」という枠に、リアルタイムでCSSとHTMLのソースが出力されます。その出力されたCSSとHTMLソースをコピーしてメモ帳などに貼りつけておきます。
38

2.作成したボタンをサイトに設置する

①FC2ブログ管理画面の左メニューの「設定」にある「テンプレートの設定」をクリックします。
39

②現在適用中のテンプレートの「HTML・CSS」の「編集」をクリック。
40

③先ほどコピーしたCSSソースをスタイルシート編集に貼り付けます。設置する場所は一番下に貼り付けます。
貼り付けたら下にある「更新」ボタンをクリックして設置完了です。
41

3.作成したボタンを記事に表示させる

下記はリンク先URLを入れた際のバナーボタンとなります。このような形であとは記事内に張り付けるだけです。

<a href="http://ここにリンク先URL" target="_blank" class="css_btn_class">動画詳細</a>

▼こんな感じで「本文の編集」内に貼り付けたら完了です。
42

以下は「CSS Button Generator」より出力したサンプルです。
下記にあるサンプル用CSS・HTMLソースをそのまま使用すれば、以下のボタンが設置できます。

▼試しにこんな感じで作成してみました。

サンプル用CSSソース
※黄色部分の
<style type="text/css">
/* This css button was generated by css-button-generator.com */ </style>
は削除してください。
<style type="text/css">        
.css_btn_class {
	font-size:18px;
	font-family:Arial;
	font-weight:normal;
	-moz-border-radius:4px;
	-webkit-border-radius:4px;
	border-radius:4px;
	border:1px solid #317de8;
	padding:12px 25px;
	text-decoration:none;
	background:-moz-linear-gradient( center top, #3a93f2 5%, #1f22cf 100% );
	background:-ms-linear-gradient( top, #3a93f2 5%, #1f22cf 100% );
	filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.gradient(startColorstr='#3a93f2', endColorstr='#1f22cf');
	background:-webkit-gradient( linear, left top, left bottom, color-stop(5%, #3a93f2), color-stop(100%, #1f22cf) );
	background-color:#3a93f2;
	color:#ffffff;
	display:inline-block;
	text-shadow:1px 1px 1px #3548c4;
 	-webkit-box-shadow:inset 0px 1px 0px 0px #abd1ff;
 	-moz-box-shadow:inset 0px 1px 0px 0px #abd1ff;
 	box-shadow:inset 0px 1px 0px 0px #abd1ff;
}.css_btn_class:hover {
	color:#ffffff;
	background:-moz-linear-gradient( center top, #1f22cf 5%, #3a93f2 100% );
	background:-ms-linear-gradient( top, #1f22cf 5%, #3a93f2 100% );
	filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.gradient(startColorstr='#1f22cf', endColorstr='#3a93f2');
	background:-webkit-gradient( linear, left top, left bottom, color-stop(5%, #1f22cf), color-stop(100%, #3a93f2) );
	background-color:#1f22cf;
}.css_btn_class:active {
	position:relative;
	top:1px;
}
/* This css button was generated by css-button-generator.com */        
</style>

サンプル用HTMLソース

<a href="http://ここにリンク先URL" target="_blank" class="css_btn_class">動画詳細</a>

作成が面倒な方におススメ!

あらかじめColor Themeも用意されていますので、特にこだわりがなければ、以下のように選択するだけで簡単に作成ができます。

テーマで選択するだけで簡単に作成ができる「Color Theme」の使い方

①サイトTOPページにある、「Color Theme」をクリックします。
138

②クリックすると以下のようなボタンのテーマが表示されますので、あとはお好みのボタンをクリックして、表示されたCSS・HTMLソースを貼り付けるだけで完了です。
139

たったこれだけの作業で、クオリティの高いバナーボタンが設置できるのでお勧めです。

結局テキストかバナーボタンどちらがクリックされるのか?

これに関しては、どちらとも言えないというのが本音です。
スマホからのアクセスが多いアダルトサイトなら、テキストがお勧めです。

ですが、ある程度アクセスが集まってきたら、期間を決めて以下のように検証してみるのがいいでしょう。

1ヵ月目はテキストリンクで誘導
2ヵ月目はバナーボタンで誘導

と変更してどちらのクリック数が高いかを見定めていくことで、どちらがクリック率が高いか?などが分かってきます。
あとは、結果を比較して、自分のサイトにマッチしているアフィリエイトリンクを決めていくだけです。

アフィリエイトリンクは重要なポイント

このようにアフィリエイトリンクの貼り方は様々ありますが、ここで念押して言っておきたいのが、「リンクは適当に貼ってはいけません。」ということです。アフィリエイトリンクを適当に設置していると、せっかく訪問者が来ても「クリック」をしてもらえません。

また、上記の方法で説明した画像リンク・動画リンクは、あくまでもアダルトサイトでよく見られる、基本的なリンクの設置方法であり、このようなリンクをいくつも貼ることは全くもってお勧めできません。リンクを貼りすぎると成約率は下がるどころか、訪問者がサイトから離れていく、などの可能性が高くなってしまいます。

ここを適当にすればするほど、アフィリエイトで稼げる可能性が低くなってしまうので、しっかりと検証し考えてアフィリエイトリンクを設置しましょう。

売り込みではなく紹介をする

僕たちがアダルトアフィリエイトで行うのはあくまで作品やサイトの紹介です。
「この作品のここがオススメ」「このサービスが素晴らしい」「ここでしか見れない」等々、そうした内容に沿った紹介です。

よく巷のアダルトサイトで見られる特徴が、紹介文やオススメポイントなどもろくになく、ただただ画像リンクと動画リンクが羅列しているだけ、の雑な売り込み方でリンクを貼りまくっているサイトです。

このようなサイトの場合、全くもって収益は上がりませんし、当たればラッキーくらいの感覚でやっているので、間違ってもそのような「手抜き」はしないよう気をつけましょう。

まとめ

貼り方or見せ方を試行錯誤する アフィリエイトリンクの貼り方を改善することで収益は大きく変わります。
例えば「アクセスが増えたのに収益が中々増えない」「ちゃんと集客できているにも関わらず売れない」という方はアフィリエイトリンクの貼り方や見せ方を見直してみましょう。
また、運営するサイトのジャンルや方向性で異なるため、正しい貼り方というのは存在しませんが、ここで基本的なリンクの使い方を覚えたら、あとは貼り方と見栄え的な部分を試行錯誤して、自身のサイトテーマに合ったリンクの貼り方をしましょう。