1. TOP
  2. 基本編
  3. バナー広告掲載方法
  4. 広告掲載個所について

広告掲載個所について

はじめに

アフィリエイトで欠かすことのできないのが広告掲載ですが、広告はただ貼るだけではなくしっかりとポイントを抑えることが大事です。また、サイトジャンルやユーザー層などによって、コンテンツ量からレイアウト、広告や宣伝方法は変わってくると思いますが、ここでは基本的な広告バナー素材を貼る方法や、掲載位置、注意点などを主に解説しています。

広告素材の貼り方

1.広告バナー素材を取得する

①SBSにログイン後、左メニューにある「サンプル動画広告」をクリックします。
1

②「広告バナー素材」ページが表示されたら、以下のように宣伝する動画サイトを選択し「検索」ボタンをクリックします。
2

③選択した動画サイトの広告バナー素材が表示されたら、何れかのバナー広告を選び「リンクタグ取得」ボタンをクリック
すると、以下のようなページがポップアップで開き表示されますので、「HTMLタグ」の枠内にあるアフィリエイトリンクタグそれをコピーしてメモ帳などに貼りつけておきます。
3

2.広告バナーをサイドメニューに貼り付ける場合

①先ほどコピーした広告バナー素材用アフィリエイトリンクタグをFC2ブログに貼り付ける作業に入ります。
FC2ブログ管理画面の左メニューの「設定」にある「プラグインの設定」をクリックします。
4

②以下のようなページが表示されたら、赤枠部分の「公式プラグインの追加」をクリックします。
5

③表示されたプラグインの中から「フリーエリア」と書かれた部分を見つけ、横にある「追加」をクリックします。
6

④次に、フリーエリア内に、タイトルと広告バナー素材用アフィリエイトタグを貼り付けていきます。
まず、表示されているページの以下、赤枠部分にタイトルを入れます。
今回は「Pick up! オススメ作品」と仮のタイトルで入力してみます。
7

⑤続いて表示させる際のタイトルとバナーの位置を「左寄せ」「中央寄せ」「右寄せ」の何れかお好みの位置を選択し、「フリーエリア内の変更」枠内に、先ほどSBSでコピーしていた広告バナー素材用アフィリエイトリンクタグを以下のように貼り付けます。
8

⑥貼り付けまで完了したら、広告バナーが表示されているか「プレビュー」ボタンをクリックして確認しておきます。
以下のようにサイドメニューに広告バナーが問題なく表示されていたら、最後に「追加」ボタンをクリックして完了です。

▼以下がサイドメニューに貼り付けた際のイメージです。
9

3.広告バナーを記事本文に貼り付ける場合

①上記と同じ方法で、SBSの広告バナー素材から記事本文に貼り付けたいバナーのアフィリエイトリンクタグをコピーしておきます。
次に、FC2ブログ管理画面の左メニューの「ホーム」にある「新しく記事を書く」をクリックします。
10

②以下のようなページが表示されたら、「本文の編集」内にコピーした広告バナー素材用アフィリエイトリンクタグを貼り付けます。
11

③貼り付けまで完了したら、広告バナーが表示されているか「プレビュー」ボタンをクリックして確認しておきます。
以下のように記事本文の下に広告バナーが問題なく表示されていたら、最後に「追加」ボタンをクリックして完了です。

▼以下が記事本文の下に貼り付けた際のイメージです。
12

広告掲載位置を考える

収益を増やすにあたり、サイトのアクセスを増やす事も重要ですが、広告を貼るサイズや位置、タイプ別等によってバナーなどの広告のクリック率は大きく左右されます。

また、広告主である動画サイトへの広告リンクを貼る位置は、アフィリエイトを行う上で大変重要になってきます。

広告掲載位置を考える上で、サイト運営者の好みが大きく出てしまうこともありますので、適切に貼ることが大事です。
また、あくまでも僕が効果があったと思う掲載位置を解説していますが、絶対的な正解はないので参考程度で構いません。
ただし、あまり広告が目立ちすぎると訪問者にとって不愉快となってしまうので、そこだけは気をつけましょう。

広告掲載の位置はどこが一番最適か?

広告は、基本的に作品との関連性が高い記事内、もしくはヘッダーやサイドメニューなどが定番となってますが、ページを見に来たユーザーはこれから記事を見ようとしているため、ヘッダーなどに設置した広告の殆どが読み飛ばされ、本文の下に設置した広告と比較してかなりクリック率が下がります。

このため、広告の掲載位置は記事内下や右サイドを基本にして、動画サイトへの広告を常に表示させたい場合はサイドメニュー、記事との関連性が高い場合は記事内下、ページに余白があれば、他の箇所にも設置を検討してみる位が適切かと思います。

結果的には、自分のサイトにあった広告位置を試行錯誤してみるのが良いと思いますが、アダルトアフィリエイトにおいて僕が実践してみて効果あったおすすめの位置を以下でご紹介したいと思います。

▼以下がよくある広告掲載箇所です。
13

まず、サイトの中でアフィリエイト広告を掲載できる位置として以下、5箇所に分類しています。
(A)ヘッダー(トップページ)- サイトタイトル直下やサイトタイトルロゴの右など常に表示される部分
(B)タイトル下 - 記事ページのタイトル直下に表示される部分
(C)記事内下部 - 記事内にある本文の下部
(D)サイドメニュー(サイドカラム)- サイトの両サイド、もしくは左右どちらかにある、常に表示される部分
(E)フッター - サイトの最下部

ヘッダー(トップページ)

サイトタイトル下やタイトルロゴの右側などこの部分に広告を掲載しているケースを頻繁に見かけますし、ド定番となってますが、とにかくクリック率はダントツで悪いです。どうしてもヘッダーに置きたい場合は、ランキング形式の広告や作品ごとの特徴を並べた陳列形式の広告を置くのがマシだと思いますが、ヘッダーに置くのは個人的におすすめしません。

記事タイトル下

僕が今まで検証してみて最も効果的だったのが、記事タイトル下の部分です。
もちろん、他の部分にもリンクは設置していますが、総合的に各リンクのクリック率を検証した結果、安定してクリックされているのが記事タイトル直下です。
ただし、これはサイトジャンルや、デザインなどによって効果が異なるため、マイナスと感じた場合は外した方が良いと思います。

記事内下部

記事タイトル下と同じくらいお勧めなのが、記事内の下の部分です。
文章を読んだ後は、他のページに移動したり検索し直すなど、次の行動を取ろうとしますが、本文の下に配置する事で広告が次の行動範囲内に入り易く選択肢の1つになる可能性が高いためです。

文字数を稼ぐために、文章が長くなる場合は記事中でもいいですが、基本的にアダルトアフィリの記事は1000文字前後で書いてますので、記事下がバランス的に良く記事の邪魔をしないのでベストな位置だと思います。

ただ記事下と言っても、過度に入れるとごちゃついて逆にクリックされにくくなってしまいますので、ここは全体の見た目を考えながら配置することです。
ですので必要に応じて、本文中もしくは本文下に掲載するようにしましょう。

サイドメニュー(サイドカラム)

サイドメニューに広告を掲載する場合、オーソドックスなのが右サイドの一番上あたりです。
右サイド上は良くある掲載箇所で、記事内よりはクリックされることはありませんが、そこそこされる感じです。
また、訪問者も見慣れていている方も多いため、右サイドがある場合はとりあえず置くくらいの感覚で設置しておきましょう。

サイドメニューは上部だけでなく、下部に配置するのも効果ありです。

フッター

サイトの一番下にある「フッター」などにバナーを置くなどの形もよく見られますが、これも試した結果、ヘッダーと同様にフッターはあまりにクリック率が低かったです。 ヘッダーとフッターはちゃんと見てもらえることはほぼありません。それに加えてページ全体に占める広告の割合が多くなる印象になってしまい、サイト全体の「売込み臭」が強くなります。

ですので、ちゃんと見られる記事内の下やサイドバーにだけ広告を集約し、フッターやその他の箇所には極力広告を掲載しない方がいいです。実際にやっているサイトもかなり多いですが、個人的には効果を感じませんでしたのでお勧めしません。

▼以下は僕が掲載しているお勧め箇所です。
15

まとめ

広告を掲載する箇所はいくつもありますが、一番最適と思う広告位置は、「記事内下部」or「記事タイトル直下」+「サイドメニュー」です。
このような形は、他のサイトでも見られる光景だと思いますが、とりあえず記事下の掲載は必須です。
上記は、あくまで実体験を元にベストだと思う広告配置をお勧めしてますので、全てのサイトにおいて結果が出るわけではありません。まずこのあたりは自分のサイトでテストしてみるといいかもです。
ただ、何も考えず一般的な配置で貼ることだけは避けましょう。

バナー掲載枠の割合

数年前から特にバナー広告系のリンクは、一般的にもアフィリエイトリンクと認識されやすくなっているためか、クリックされにくくなっています。
それでも画像と連動したリンクは目立つ上、広告の内容次第ではクリックされやすくなります。

特に作品内容が鮮明に見える画像とリンクしたようなバナー広告素材はユーザーの目を引き、成約率も大きく変わります。

記事が見やすいページにする

巷のアダルトレビューサイトを幾つか見ると、記事や目的の作品、動画といったものが非常に見づらいサイトに出くわすことが多々あります。そのようなサイトの特徴とし挙げられるのが、記事以外の場所に大量のアフィリエイト広告を貼っていたり、ひどい所ではワンクリ詐欺系の広告が出たりし別サイトに強制的に遷移することがあります。

このような広告だらけのページはNGです。
14

ひと昔前であれば、このやり方も効果があったのかもしれませんが、現在もこのようなサイトが後を絶ちません。
ですが、ネットを使うことが生活の一部となり、ワンクリック詐欺などの知識が定着してきた現在、ただの怪しいサイトという認識しかされませんし、検索エンジンであるGoogleからもペナルティの対象や低評価を受け何れサイトとして機能しなくなる可能性が高いので、このような広告掲載はやならないことが賢明です。

当たり前のことですが、アダルトに興味あるユーザーがあなたのサイトを訪問した理由は、その紹介されている作品内容や女優が気になる、または見たいからであって、興味があるのはベタ貼りのヘッダー広告でもなければ、サイドメニューでもありません。
邪魔な広告で記事の内容や画像の存在が薄れてしまってはユーザーは逃げていくだけです。なので記事をしっかりと読んでもらえる見やすいページにすることを心掛けておきましょう。

広告素材を貼る際の注意点

最後に注意しておきたいのが、アダルトアフィリ初心者の方によく見られるのが、あちこちにバナー広告を貼ってしまう、サイドメニューやらいたる箇所にごちゃごちゃ配置して、とりあえず賑やかな感じにしている人がいたりします。
これは逆効果しかならないので絶対にダメです。

アダルトサイトといえど、なんでもかんでもエロい広告をごちゃごちゃ貼ってればいいってもんじゃありません。というより逆に怪しさが際立ってしまい離脱していきます。

また、上記のバナー掲載枠の割合でも解説しましたが、バナー広告ばかりでテキスト量が少なめなページにはしないよう気をつけましょう。つまりは「バナーだけ」には絶対しないようにすることです。
広告を掲載しすぎってのは典型的な稼げないサイトの特徴です。

バナーはとくに目立つ広告素材なので、バナーリンクも文章内のリンクと同じ考え方で、ベタベタと張らないようにし、記事本文と画像や動画を主役として考えてください。なので、広告素材を掲載する際のバランスは日々模索していくことが大事です。

稼いでいる方のサイトは想像しているよりも実にシンプルでわずらわしさが全くありません。
理想としては売り込み感を与えず、リンクやバナーは必要最低限にし、訪問者が自分と同じ性癖の人が紹介・レビューしているんだと想像させることが一番成約に繋がり易いということです。

まとめ

広告を掲載するバランスは検証していかないとわからないことですが、アフィリエイト広告は定期的に見直すことが大事です。
広告は一度貼れば放置して記事だけ更新していけばいい、というわけではありません。
模索しながら検証し、あまり広告がクリックされないようであれば、違う広告を貼る、掲載位置を変える、広告サイズを変てみるといった起点が必要です。
これまで僕の経験上、単純な掲載位置でクリック率が上がったこともありますが、いまだに試行錯誤しながら常に更新していってます。広告の掲載位置よって、アフィリエイト報酬は大きく左右されます。
そのため、定期的に広告の貼り方や掲載位置を見直していくことが大切です。