1. TOP
  2. 基本編
  3. アフィリエイトの始め方
  4. 初期設定にやるべきこと

初期設定にやるべきこと

はじめに

ここではサイトを準備した際に、まず最初に行っておくべき設定を解説していきます。
ブログを開設してからやる事は検索エンジン(Googleなど)にできるだけ早くインデックスされる(検索できるようになる)ためにやっておくべき事を紹介します。
少々手間取る事もあると思いますが、やっておくと今後も役立つので、きちんとやっておきましょう。

SEOについて

そもそもSEOとは? SEOを簡単に言うと「検索エンジンで上位に表示されるための対策」です。皆さんもGoogleやYahoo!などで検索した際、“検索結果”にずらっとサイトの一覧が表示されると思いますが、この“検索結果の中で上位に表示させるための対策”がSEO対策となります。

“検索結果に表示されるサイトの順位”はGoogleやYahoo!、Bingなどの「検索エンジン」が決めています。
検索エンジンであるGoogleは、ユーザーが評価するサイトを上位表示する傾向にあるため、アフィリエイトサイトにおいても訪問者が良いと思うようなサイトを作る必要があります。

「検索エンジン」とは、色んな人が検索した様々な文言(キーワード)に対して、適正だと思われるWEBサイトを探し出した上で順位付けし、検索結果のページに表示させるプログラムのことです。
以上のことから、より検索結果で上位表示される為の基礎部分として以下の設定を行っておきましょう。

Google Search Console(サーチコンソール)にサイト登録をする

Google Search Console(サーチコンソール)とは?
Google Search Consoleとは、Googleが無償で提供する、サイト管理者や事業主向けの高機能な公式サイト管理ツールです。
主にサイト運営管理に役立つ機能を多数備えており、SEO対策を行う際はもちろんサイト運営のために必ず利用することをおすすめします。

Google Search Consoleでのサイト登録は、検索エンジンへあなたのサイトの居場所を教える重要な作業です。
Google Search Consoleを使うことで、あなたのサイトの更新情報をGoogleに素早く知ってもらい、検索結果に表示させてもらうことができるようになります。またGoogleからサイトを診断してもらうこともできるのが特徴です。

※GoogleとYahooの検索エンジンが共通となっているので、Google検索エンジンへ登録すれば、ほぼ全検索エンジンへ登録されます。

Google Search Console(サーチコンソール)の設定方法

1.Google Search Consoleにサイトを登録する

まずは、Google Search Console公式サイトにアクセスします。(Googleアカウント登録が必要)
※まだGoogleアカウントがない場合は、まずGoogleアカウントを作成して、その後ログインします。
1

①ログイン後「プロパティを追加」ボタンをクリックします。
2

②テキストボックス内に自身のサイトURL入力して「続行」ボタンをクリックします。
3

③「別の方法」のタブををクリックして、「HTMLタグ」のチェックを選択します。
4

④赤枠内に表示されているタグをコピーします。
コピーできたらGoogle Search Consoleの画面は閉じずに、そのまま放置してFC2ブログ側の設定に移ります。
5

⑤FC2ブログ管理画面の左メニューの「設定」にある「テンプレートの設定」をクリックします。
6

⑥現在適用中のテンプレートの「HTML・CSS」の編集をクリック。
7

⑦適応中のテンプレートの「HTML編集」内にあるHTMLのコードの最初の方にある「head」から「/head」の間に、先ほどGoogle Search Consoleでコピーしたタグを貼り付けます。今回は「head」のすぐ真下に貼り付けました。
貼り付けたら下にある「更新」ボタンを押してFC2ブログでの設置は完了です。
8

⑧次に途中で放置していたGoogle Search Console側に戻り、メタタグを表示させた画面の一番下にある「確認」というボタンをクリックします。
9

⑨http://●●●の所有権が確認されました。というメッセージが表示されれば登録はされたことになります。
最後に「続行」をクリックしてGoogle Search Consoleの設定は完了です。
10

2.サイトマップ登録とRSSフィードの送信

サイト登録が終了したら、次にサイトマップ登録とRSS送信を行いましょう。
Googleにサイトのページ構成を送ることで、サイトを正確にインデックスしてくれます。

①sitemap.xmlの作成
sitemap.xmlとは、ネット上に公開しているページのURLをGoogleに伝える為のファイルです。これによりインデックスを促す効果があります。
まずは、先ほどGoogle Search Consoleで登録したサイトのページ左メニューにある「クロール」の中の「サイトマップ」をクリックします。
11

②次に「サイトマップの追加/テスト」から自分のサイトのサイトマップのURLを入力します。
FC2ブログではサイトマップは自動で作られるようになっています。
FC2ブログの場合サイトマップURLは、http://●●●.blog.fc2.com/sitemaps.xmlになります。
FC2ブログを利用されている方は、以下のテキストを「サイトマップの追加/テスト」に入力して送信して下さい。

sitemaps.xml

上記を入力したら「サイトマップを送信」ボタンをクリックして完了です。
12

③次にRSSフィードを登録します。こちらもサイトマップ同様に更新情報をいち早くGoogleに登録してもらうために必要となります。
FC2ブログでのRSSフィードのURLは「?xml」となってますので、サイトマップの時と同様に以下のテキストを「サイトマップの追加/テスト」に入力して追加していきます。

?xml

以上でサイトマップとRSSの登録は完了です。

また、新しいサイトを作ってすぐにGoogleに知ってもらう際に使えるのが「Fetch as Google」という機能です。
Googleにサイトをすぐにインデックスしてもらえるよう促すことができるのが特徴です。
記事更新の際には 「Fetch as Google」を有効活用しましょう。

3.Fetch as Googleでリクエスト送信

新規サイトを立ち上げたばかりで、コンテンツを更新してもなかなかインデックスされない時などに、急ぎでインデックスさせたい場合に使います。

①Google Search Consoleの左メニューから「クロール」の中にある「Fetch As Google」をクリックします。
13

②Googleにインデックスして欲しい対象の記事ページURLをフォームに入力して「取得」ボタンをクリックします。
14

③「取得」ボタンをクリックしたら次に「インデックスに送信」をクリックします。
15

④「私はロボットではありません」にチェックを入れ、「このURLのみをクロールする」を選択して「送信」ボタンをクリックします。
これで対象ページのインデックスリクエストをGoogleに送信することができます。
16

⑤最後に「モバイル:スマートフォン」も同様にインデックスリクエストしておきます。
先ほどと同様に、Googleにインデックスして欲しい対象の記事ページURLをフォームに入力します。
「PC」となっている部分を「モバイル・スマートフォン」を選択して、あとは「取得」ボタンをクリックし上記の流れと同じ作業で送信完了となります。
17

google アナリティクスの設定

Googleアナリティクスとは?
Googleアナリティクスとは、Googleが提供している無料のアクセス解析ツールです。無料とは思えないほど高機能でカスタマイズ性にも優れている為、初期設定で導入しておくと便利です。

また、ブログやサイトの運営するにあたって、 アクセス解析をすることは非常に重要なポイントとなります。
自分のサイトのアクセス数を日々チェックすることで、『どの時間帯にアクセスが多く集まっているのか?』や『どんなキーワードで検索して来ているのか?』といったことを細かくチェックすることができます。

Googleアナリティクスのアクセス解析でサイト内でアクセスが集まっているキーワードを見つけてそのキーワードを使った関連記事を作成していけば、さらにアクセスを集めることやキーワードの強化にも繋げることができますし、サイトの成長を見極めるための近道となります。

このようにGoogleアナリティクスはチェックできる指標・項目が多くて便利な半面、逆にどれを見たらよいのか初めて使う場合は分かりにくいかもしれませんが、アクセスアップを目指すためには必須のツールです。とりあえずサイトを作ったらGoogleアナリティクスを入れておくことをおすすめします。

ポイント

初心者の方へ
アクセス解析は複数個を同時に設置しても問題ありません。簡易的なものを導入して、慣れて来たらGoogleアナリティクスを導入すると言うのでも良いのですが、アクセス解析は設置する前のデータを確認する事ができませんので、知識が付いた後で過去のデータを見るためにもサイト開設段階で設置しておいた方が良いと思います。

Googleアナリティクスの設定方法

1.Googleアナリティクスに登録する

まず、Googleアナリティクス公式サイトにアクセスします。
既にGoogleのアカウントをお持ちの場合には、自分のアカウントでログインしてください。持っていない方はまずはGoogleアカウントを作成してください。
1

①ログイン後に表示される以下ページの「お申し込み」ボタンをクリックします。
2

②以下のようなページが表示されたら、トラッキングの対象箇所にある「ウェブサイト」を選択し各項目を入力していきます。
アカウント名:Googleアナリティクスで使用する任意のアカウント名を入力します。
ウェブサイト名:アクセス解析するサイト名を入力します。
ウェブサイトのURL:アクセス解析するサイトのURLを入力します。
業種:何れか1つを選択します。
レポートのタイムゾーン:「日本」を選択します。
3

③入力後、下の方にある「トラッキングIDを取得」ボタンをクリックします。
4

④「トラッキングIDを取得」ボタンをクリック後、以下のようなページが表示されますので「同意する」をクリックします。
5

⑤表示されたトラッキングコードの赤枠の部分をコピーします。
6

次はコピーしたトラッキングコードをFC2ブログに貼り付けます。

2.FC2ブログにトラッキングコードを貼り付ける

①FC2ブログ管理画面の左メニューの「設定」にある「テンプレートの設定」をクリックします。
7

②現在適用中のテンプレートの「HTML・CSS」の編集をクリック。
8

⑦適応中のテンプレートの「HTML編集」内にあるHTMLのコードの中にある「/head」のすぐ上に、先ほどGoogleアナリティクスでコピーしたタグを貼り付けます。
貼り付けたら下にある「更新」ボタンをクリックしてFC2ブログでの設置は完了です。
9

これでGoogleアナリティクスの設置は完了です。
設置後からアクセス解析が始まり、Googleアナリティクスのページにてアクセス数や動向などを確認することができます。

サイトに在ったほうが良い設定

検索エンジンはわかりやすく単純なナビゲーションを好みます。ナビゲーション(グローバルナビゲーション)とは以下のような部分となります。

<ナビゲーション パターンA>
1

<ナビゲーション パターンB>
2

このようなナビゲーションの表示は、なるべく明確なテキストリンクを設置するようにしましょう。
わかりやすいナビゲーションは検索エンジンに好まれるだけでなく、サイト訪問したユーザーにも好まれる傾向があります。

1.サイトへ簡単なナビゲーションを設置する

今回はパターンAのような、よくサイトで見かけるメニューを例に設置して行こうと思います。

①FC2ブログ管理画面の左メニューの「設定」にある「テンプレートの設定」をクリックします。
3

②現在適用中のテンプレートの「HTML・CSS」の編集をクリック。
4

③以下のソースをコピーします。

<!--▼▼ 横ナビゲーションメニューバー ▼▼-->
<ul id="menu_bar">
<li><a href="<%url>">トップページ</a></li>
<li><a href="<%url>archives.html">作品一覧</a></li>
<li><a href="<%url>blog-entry-1.html">記事1</a></li>
<li><a href="<%url>blog-entry-2.html">記事2</a></li>
<li><a href="<%url>blog-category-1.html">カテゴリ1</a></li>
<li><a href="<%url>blog-category-2.html">カテゴリ2</a></li>
<li><a href="<%url>blog-category-3.html">カテゴリ3</a></li>
</ul>
<!--▲▲ 横ナビゲーションメニューバー▲▲-->

④コピーしたソースをHTML編集内に貼り付けます。この時、設置する場所は大体タイトル&ブログ説明文の下にしますが、これはブログテンプレートによって微妙に異なるので、 僕の場合は今回<!--ヘッダーここまで-->の直ぐ下の箇所に設置してみました。
5

⑤メニューバーにリンクさせたい記事・カテゴリをリンクさせていきます。
緑の部分にリンクさせたい記事のURLやカテゴリーのURLを入れます。
赤の部分にメニューバーに入れたい項目名を入れます。

<!--▼▼ 横ナビゲーションメニューバー ▼▼-->
<ul id="menu_bar">
<li><a href="<%url>">トップページ</a></li>
<li><a href="<%url>archives.html">作品一覧</a></li>
<li><a href="<%url>blog-entry-1.html">記事1</a></li>
<li><a href="<%url>blog-entry-2.html">記事2</a></li>
<li><a href="<%url>blog-category-1.html">カテゴリ1</a></li>
<li><a href="<%url>blog-category-2.html">カテゴリ2</a></li>
<li><a href="<%url>blog-category-3.html">カテゴリ3</a></li>
</ul>
<!--▲▲ 横ナビゲーションメニューバー▲▲-->

⑥HTML編集画面から下へスクロールするとスタイルシート(CSS)編集画面があります。そこの一番下に以下のソースを貼 り付けます。

/* ▼▼横ナビゲーションメニューバー▼▼ */    
ul#menu_bar {    
font-size: 80%; /* 文字のサイズ */    
height:25px; /* 高さ */    
background-color:#000000; /* 背景色 */    
padding-left:0px;    
margin-left:0px;    
margin-top:0px; /* 上の間隔 */    
margin-bottom:5px; /* 下の間隔 */    
}    
    
#menu_bar li {    
list-style-type:none;    
float:left;    
line-height:25px; /* 高さ */    
margin:0px;    
padding:0px;    
}    
    
#menu_bar li a {    
display:block;    
text-align:center;    
width:100px; /* メニューボタンの幅 */    
border-right:1px solid #333333; /* 区切り線 */    
color:#ffffff; /* リンク文字の色 */    
background-color:#000000; /* メニューボタンの背景 */    
text-decoration:none;    
}    
    
#menu_bar li a:hover{    
color:#000000; /* マウスが乗ったときのリンク文字色 */    
background-color:#71b7f7; /* マウスが乗ったときの背景色 */    
text-decoration:none;    
}    
/* ▲▲横ナビゲーションメニューバー▲▲ */

⑦コピーしたソースをスタイルシート編集に貼り付けます。設置する場所は一番下に貼り付けます。
貼り付けたら下にある「更新」ボタンをクリックして設置完了です。
6

2.パンくずリストを設置する

パンくずリストは何なのかというと、現在見ているページがサイトの中のどこの場所なのかを直感的にはっきりわかる様な経路を示すリンクのことを指します。

今このページにいますよ、という事を意味し現在表示しているページの階層を段階的に示していることで前の階層に戻る事も簡単で、且つどの階層にいるのかも一目でわかるのでユーザーにとっても親切で、SEO対策にもなると言われています。

ネットサーフィンなどをしている方は見たことがあると思いますが、以下のようなページの階層が表示されるブログテンプレートを選んでおくと設定は不要です。
7

当サイトでも解説してますが、FC2ブログのテンプレート選びに「SEO対策」がされているものを選んでいれば、概ねこのパンくずリストは最初から表示されるようになっています。
ですが一概に表示されるとも言えないので、念のため表示されない方は以下よりコピーして設置してください。

①FC2ブログ管理画面の左メニューの「設定」にある「テンプレートの設定」をクリック→現在適用中のテンプレートの「HTML・CSS」の編集をクリック。 以下のソースをコピーします。

<!-- ▼ パンくずリスト ▼ -->    
<div class="pankuzu">    
<!--permanent_area-->    
<!--topentry-->    
<a href="<%url>" title="ホームへ">ホーム</a> >     
<!--parent_category--><a href="<%topentry_parent_category_link>">    
<%topentry_parent_category></a> ><!--/parent_category-->    
<a href="<%topentry_category_link>"><%topentry_category></a> > <%sub_title>    
<!--/topentry-->    
<!--/permanent_area-->    
    
<!--category_area-->    
<a href="<%url>" title="ホームへ">ホーム</a> >     
<script type="text/javascript">    
al = new Array(<!--topentry--><!--parent_category-->    
'<%topentry_parent_category_link>',<!--/parent_category--><!--/topentry-->-1);    
ap = new Array(<!--topentry--><!--parent_category-->    
'<%topentry_parent_category>',<!--/parent_category--><!--/topentry-->-1);    
if ('<%sub_title>' != "" + ap[0])     
document.write('<a href=\"', al[0],'\">' , ap[0], '</a>&nbsp;&gt;');    
</Script>    
<%sub_title>( <%total_num> 件 )    
<!--/category_area-->    
    
<!--search_area-->    
<a href="<%url>" title="ホームへ">ホーム</a> >    
「 <%sub_title> 」を含む <%total_num> 件の検索結果    
<form action="./" method="get">    
<input type="text" size="20" name="q" value="" maxlength="200" class="ipt" />     
<input type="submit" value="Search" class="search" /></form>    
<!--/search_area-->    
    
<!--date_area-->    
<a href="<%url>" title="ホームへ">ホーム</a> >     
<%now_year>年<%now_month>月の記事一覧( <%total_num> 件 )    
<!--/date_area-->    
    
<!--edit_area-->    
<a href="<%url>" title="ホームへ">ホーム</a> > <%edit_entry_title>へのコメント編集    
<!--/edit_area-->    
    
<!--tag_area-->    
<a href="<%url>" title="ホームへ">ホーム</a> > <%tag_word>( <%total_num> 件 )    
<!--/tag_area-->    
    
<!--index_area-->    
<a href="<%url>" title="ホームへ">ホーム</a>    
<!--/index_area-->    
    
<!--titlelist_area-->    
<a href="<%url>" title="ホームへ">ホーム</a> > 記事一覧(     
<script type="text/javascript">    
TotalArticle=<!--archive-->+<%archive_count><!--/archive-->;    
document.write(+TotalArticle);</script> 件 )    
<!--/titlelist_area-->    
    
<!--not_titlelist_area-->    
<!--not_tag_area-->    
<!--not_index_area-->    
<!--not_category_area-->    
<!--not_search_area-->    
<!--not_permanent_area-->    
<!--not_date_area-->    
<!--not_edit_area-->    
|<a href="<%url>" title="ホームへ"> ホーム </a>|&nbsp;&nbsp;&nbsp;    
<!--prevpage--><a href="<%prevpage_url>">前のページ</a> ≪    
<!--/prevpage-->現在のページ<!--nextpage--> ≫     
<a href="<%nextpage_url>">次のページ</a><!--/nextpage-->    
<!--/not_edit_area-->    
<!--/not_date_area-->    
<!--/not_permanent_area-->    
<!--/not_search_area-->    
<!--/not_category_area-->    
<!--/not_index_area-->    
<!--/not_tag_area-->    
<!--/not_titlelist_area-->    
</div>    
<!-- ▲ パンくずリスト ▲ -->

②コピーしたソースをHTML編集内に貼り付けます。設置する場所は記事のタイトルのすぐ上に設置するのが一般的ですので、のすぐ上に貼り付けます。
8

③上記のパンくずリストに対して、以下のソースをコピーします。

.pankuzu {
text-align:left;
margin:10px;
}

④コピーしたソースをスタイルシート編集に貼り付けます。設置する場所は一番下に貼り付けます。
貼り付けたら下にある「更新」ボタンをクリックして設置完了です。
9

スマホ向けに最適化

スマホの最適化ってどういうこと?
スマートフォン経由でサイト閲覧をした時に、スマートフォンに最適化された画面が「表示される」と「表示されない」とでは、ユーザーにとって大きな印象の違いがあります。

PC用に作られた画面をスマートフォンで表示するとどうしても文字が小さくなり、見たいコンテンツがあっても誤った項目をタップしてしまったり、画面を拡大してみると横スクロールが出て操作が面倒になったりすることも。

サイトがスマートフォンに最適化されていなかったために、リンクが見落とされ、クリックしてもらえなかったり、せっかくのレビュー記事もレイアウトがスマートフォンでは読みづらく、重要なポイントが見落とされたり、伝えたいことが十分に伝わらないこともあります。
このような機会損失を無くすためにも、スマートフォンに最適化されたページを用意することが必要となってきています。

また、Googleの公式ブログからも発表があるとおり、PCからの検索数よりもスマホからの検索数が多くなっているので、Webサイトがスマホ最適化していないとスマホからの検索数が伸びてきません。
ここでスマホ最適化させていないと、スマホで検索した時に検索結果ランキングが下がることになってしまいます。

ポイント

スマホ最適化のポイント!
スマホ最適化をする上で重要なのは、
◆レスポンシブデザイン ◆ページの幅 ◆文字の大きさ ◆文字数 ◆ボタンやリンクの大きさ
などがあります。これらは、スマートフォンで閲覧した際に、最適化されたページを用意することが、アフィリエイトを運営していく上でも、成約率等にも関わる重要なポイントとなってきています。
あくまでも、ユーザーの使いやすさという観点からのガイドラインですので、厳密に守らないと検索順位が下がるといったようなことはありませんが、ユーザーにストレスをかけないように、スマホサイトに表示する各要素は、気持ち大きめのサイズで作成しておくと良いでしょう。
ここで如何にスマホでの閲覧を魅力的にするかでブログのPV数増加に繋がります。
「スマホ最適化」と聞くと難しく感じますが
基本的にブログの場合は「レスポンシブ対応されたテンプレート」を選べばいいだけですので簡単です!

無料ブログはレスポンシブ対応テンプレートを選ぶ

スマホ対応しているかを確認する方法

Googleツール「モバイルフレンドリーテスト」でスマホ最適化されているかチェックすることができます。

モバイルフレンドリーテストとは
Googleツール「モバイルフレンドリーテスト」はサイトのURLを入力実行するだけで、その時点でスマホ対応しているか・していないかを判定することができるツールです。

使い方は、下記のURLにアクセスし、赤枠部分のフォームに自身のサイトURLを入力し「診断」ボタンをクリックするだけです。

8

モバイルフレンドリーテストの判定の結果、スマホ対応していると下記の画像のように「問題ありません。このページはモバイルフレンドリーです。」と表示されます。
9

逆にモバイルフレンドリーテストを行ってスマホ対応基準を満たしていないと判定されると下記の画像のように「モバイルフレンドリーではありません」と表示されます。
10

まとめ

もしスマホ対応基準を満たしていなくても、落ち込むことはありません。
サイトを修正し対応させればいいだけです。
満たしていない時の判定結果画面には修正が容易にできるように、「テキストが小さ過ぎて読めません」「リンク同士が近すぎます」「モバイル用viewportが設定されていない」などのスマホ対応基準に満たしていない理由が表示されるので、対象のところを修正しましょう。